生活習慣を改善する生活が大事

お酒やたばこや肉中心の生活をしている人は多いことでしょう。

そうすることで中性脂肪や内臓脂肪がついてしまいまた運度不足状態もかさなって肥満になってきます。

健康的な生活を送る人は少なく、健康診断や人間ドックで指導を受ける人も少なくないでしょう。

食事療法で改めなければなりません、魚を中心としてサバ、いか、あじ、ししゃもなど食べていくようにするとよいでしょう。

また野菜なども食べるのも必要です、食物繊維を取りキャベツ、きゅうり、トマト、ピーマン、ゴボウなどを食べていくようにしましょう。

それに甘いものは控えるようにした方がよいです、トランス脂肪酸が細菌問題になっておりドーナツやケーキ菓子パンなどに使用されており健康を害しています。

このように男性にしろ女性にしろ健康に気を使う生活をしていくべきです、またストレスがある人は軽減して親身共に和らげ適度な運動していきましょう。

そうすることで病気を予防して動脈硬化、脳こうそくなど血管や血、血液などをきれいにしてつまらなくなるようにして体内を改善していくことが必要だからです。

健康維持は、運動量や治療法もききメタボリックシンドロームなど減らし発病リスクを減らしていきますので大事ですね。

自分の趣味を活用してストレス解消をしたりして睡眠など多く取りホルモンなどを正常にしていくことも大事です、身体に負担がかからない運動がよいので散歩など軽度の運動をしていきましょう。

悪玉コレステロールを下げる生活習慣を続けています

私は数年前から自分の健康を中心に考えた生活習慣と食生活を続けています。

これには大きな理由があります。

数年前に久しぶりに健康診断を受けたところ悪玉コレステロールの値が平均より高くなっていることが判ったのです。

会社勤めをしていた頃は毎年一回の会社の健康診断を受けていましたが、会社を辞めてから健康診断を受けたのは本当に久しぶりでした。

その健康診断で私の悪玉コレステロールの値が高いという予想外の結果が出てしまいちょっと心配になってしまいした。

悪玉コレステロールという言葉は健康番組などを観て知っていましたが心配になったので改めてネットを利用して調べてみました。

調べてみて悪玉コレステロールの値が高いと動脈硬化や心筋梗塞になる危険が高くなることが判りました。

病院に行って診てもらい薬を出してもらうのも良いと思いましたがまずは自分で体質改善を始めてみようと思い生活習慣と食生活の改善を心掛けるようにしたのです。

生活習慣としてはウォーキングを始めました。

1週間に2回か3回は1時間以上のウォーキングをしています。

時間のあるときは2時間以上は歩いています。

食生活のめんでは以前はどちらかと言えば肉食中心でしたが今は魚中心の食事をとっています。

特に青魚に含まれるDHAとEPA成分は悪玉コレステロールの値を抑制する働きがあるというので青魚を多く食べています。

青魚からだけでは充分な量のDHAとEPAが摂れないようなのでサプリメントも併用しています。

直近の健康診断では私の悪玉コレステロールの値は今でもまだ高いのですが以前よりは下がってきています。

生活習慣と食生活に気を付けてるようになった効果は出ているようなのでこのまま続けていこうと思っています。

関連サイト↓

脂肪肝に効くサプリメントのおすすめ人気ランキング