コレステロールとは?

こんにちは!今回はコレステロールに関して語らせて頂きたいと思います。

コレステロールという単語、誰もが一度は耳にしたことがあるかと思います。
このコレステロール値が高いとどうなるか・・・?動脈硬化が進んでしまい、重大な病気を引き起こす可能性が高くなってしまいます。 例えば、脳梗塞、狭心症、大動脈瘤、心筋梗塞など。 これらの病気も誰もが知っている病気だと思います。 怖いものばかりですね・・・。

そもそも何故これらの重大な病気を引き起こしてしまうのかというと、簡単に言えば増築したコレステロールにより血管が破られてしまうからです。 コレステロールを多分に摂取してしまうと「アテローム」というお粥状のドロドロしたものができやすくなってしまいます。 このアテロームができた部分にカルシウム等が付着して石灰化すると血管は硬く脆くなってしまいます。 こうして動脈硬化が進行していき、最終的には血管が破れ、上で挙げたような重大な病気を引き起こしてしまう可能性が高まってしまうというわけです。

それではコレステロール値を下げるにはどうすればいいか・・・?大きく分けると3つの方法があります。
1つ目の方法はコレステロール値を下げる食品を摂ること。 サンマ、イワシ、マグロなどの青魚が効果が高いようです。 青魚に含まれているEPAやDHAがコレステロール値を下げてくれます。

2つ目は運動して中性脂肪を減らすこと。中性脂肪は肥満の原因にもなる脂肪なのですが、この脂肪が貯まっているとコレステロール値が高くなってしまいます。

最後の3つ目はコレステロール値を下げるサプリメントを摂取すること。1つ目の方法で挙げたEPAやDHAのサプリメントを摂取するとよいです。

生活習慣病と聞くとつい高血圧や糖尿病等を思い浮かべがちですが、コレステロール値上昇に伴う動脈硬化にも気をつけていきたいですね。以上コレステロールに関してでした!

2016年1月25日 コレステロールとは? はコメントを受け付けていません。 未分類